2011年04月19日

このお人形のお洋服は?

ko.jpg

30年くらい前のお人形です。
知り合いの方の大切な思い出のお人形をお預かりして半年・・・。

やっと、向き合えるようになりました。

どんなお洋服にしようかな?
8年前くらいに一度、このお人形のお洋服を作りましたが、
今度は着せ替えられるように作ってみましょう。

色々、布地を合わせて決めました。
ピンクがいいな黒ハート

ko2.jpg

デザインはもうちょっと考えましょう〜。

かわいく仕上がりますように。


posted by Petit-house at 00:02| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

筍いただきました。

木原先生より、筍をいただきました。

初物ですぴかぴか(新しい)
これは、東を向いて笑っていただきましょう。

4月も忙しく、私自身、春を感じる心が薄かったような気がします。

今日は思いもかけず、とても嬉しい贈り物でした。
いつもありがとうございます。

筍のお刺し身にしていただいてみました。
とっても甘くておいしかったです。
ごちそうさまでした。

takenoko.jpg
posted by Petit-house at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

さくらの花がある景色

今週、散歩へ出かけた時に桜の花を見てきました。

やわらかい春を感じ、空がとってもきれいだったので

写真に撮ってきました。

P1001243.JPG

デジカメを持って行けば良かったなるんるん

P1001241.JPG

posted by Petit-house at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市松人形のお顔比べ

先生が描く市松人形のお顔が何とも言えないくらい
かわいくて、そんな感じに仕上がるといいなあと
密かに願っていましたが・・・。

やっぱり、人生経験かな。
先生のようには、描けませんでした。

お顔の型が一緒ですが、作り出す人によって
違うお人形が出来上がるんだなあと実感。

かわいくできました。

P1001224.JPG

向かって左側が私のお人形です。まだまだです。

いつか先生のお人形に近づけたらいいな。
posted by Petit-house at 02:18| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市松人形のお顔

市松人形のメイクです。
眉毛の描き方がかなり難しく
何度も何度も描き直しました。

nihonn.jpg

目を選んで入れて、ボディの組み立てです。
目の向きをどうしようかなと思いながらも、お人形と目が合った
ところで石膏を入れて固定をします。
前回、ここで割れてしまったので、今回はドキドキしながら、
“割れませんように”と祈りながら、石膏を入れました。

nihon2.jpg

黒松の木くずをたくさん詰めてボディの完成です。

何だか、人に近づいてきたような・・・。

不思議な感じ。

誕生しました。

nihon3.jpg

着物作るの待っててね揺れるハート
posted by Petit-house at 02:10| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くまのぬいぐるみ

初めて、テディベアを作ってみました。

ちょっと、“ぬいぐるみ”みたいにかわいく黒ハートできたかな?

kuma2.jpg

お腹に綿をたっくさん入れて

kuma3.jpg

できあがりぴかぴか(新しい)




posted by Petit-house at 02:00| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

久しぶりの更新です

今日は、とってもゆっくりできたので、心が落ち着きました。

12月のシクラメンがこんなに元気に咲いているよと聞き、
見せていただいてきました。
まだ、40本もお花があるとはびっくりで嬉しいです。
愛情たっぷりに育てていただいているんだなあと思うと感激黒ハート
しました。
P1001245.JPG

シクラメンの花から、

“元気だして”って聴こえてきました。

“ありがとう”って話しかけてきました。

P1001246.JPG
posted by Petit-house at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

今の気持ち

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私自身、阪神淡路大震災を経験いたしました。
倒壊は免れましたが、常に揺れている感覚が消えずに、しばらくの間、
眠ることができず、笛と懐中電灯を枕元に置いていつでも外に出れる
ように普段着のまま、浅い眠りについていたことを思い出します。

本当に言葉が出ません・・・。

ただ、自分にできることを探しながら、復興を願うばかりです。
posted by Petit-house at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする